大切な家族の一員=ペットが喜ぶ家で暮らそう

大切な家族の一員=ペットが喜ぶ家で暮らそう

最近はペットを飼うことがブームになっていますが、昔とは少し、ペットを飼う意味が違ってきているようです。たとえば一昔前なら、犬は「番犬」としての用途が主流でした。必然的に室外で飼う場合が多く、玄関の近くに鎖でつながれているケースがほとんどだったように思います。しかし今は室内で飼われるケースが増えており、また番犬としての期待はほとんどされていない場合が多い。純粋に「かわいいから飼う」あるいは「子どもの教育のために飼う」という理由から、中には「伴侶として、あるいは家族の一員として飼う」という理由もあり、ペットに対する価値観の変化を見ることができます。

さて、ペットを家族の一員として扱うなら、ペットが喜ぶ家で暮らしたいもの。「ペット飼育禁止」のマンションでこっそり隠れて飼うより、「ペット飼育可」のマンションや賃貸住宅で、のびのびと飼うほうが、ペットのためにも、また飼い主のためにもいいようです。こうした意識の変化を受け、最近は「ペット飼育可」のマンションが増えています。このサイトではそうした物件に住むためのイロハを紹介しましょう。ただし、このサイトを見て、衝動的にペットを買い求めないように注意しましょう。一度飼ったらペットは一生、あなたが面倒をみなくてはならないのです。

大切な家族の一員=ペットが喜ぶ家で暮らそう

ペット共生型賃貸物件が増えています

ペット共生型賃貸物件が増えているのをご存知ですか。

コンパニオンアニマル(伴侶動物)という考え方

コンパニオンアニマル(伴侶動物)という考え方があります。

大切な家族の一員=ペットが喜ぶ家で暮らしませんか。

大切な家族の一員=ペットが喜ぶ家で暮らそうペット共生型賃貸物件が増えていますコンパニオンアニマル(伴侶動物)という考え方サイトマップ